2009年4月23日木曜日

バロウズブレンドコーヒー


うちで扱っているコーヒーは他のコーヒー屋とはかなり違いまして

1・ブレンドの場合ベースとなる豆がない

2・ブレンドに使う種類が8種類

3・完全に豆に火を通さない(生焼け)


自家焙煎をしてる方から邪道といわれることもありましたがちゃんと訳があります。

一般的なブレンドっていうのはコロンビアブレンドならコロンビアをベースとして他の豆でコロンビアにはない味を加え味わい深くする(苦みが強い豆には酸味の強い豆、違う苦みを持つ豆を3:1:1の割合でみたいな)これはこれでおいしいのですが豆にも旬があり一年中美味しい状態の豆が届くことは難しく、そうなるとあまりおいしくないコロンビアが入ってきた場合当然ブレンドにしてもおいしくなるわけがありません。
一年中味がぶれずに同じコーヒーを提供したいとの思いでこの8種類でのブレンドが生まれたわけです。
8種類の豆を基本同じ割合でブレンドし旬ではない豆は割合を減らし他の豆で味を補う形で一年中ほぼ同じ味で提供してさせていただいています。

豆に完全に火を入れないのは本来持ってる豆の味を殺さないためで、火を通してしまえばメリットとしては抽出する時に誰がコーヒーをいれてもほぼ同じ味に仕上げることができるのですが本来の味は分かりづらくなってしまうデメリットな部分があります。

生焼けの場合本来の味が出るのですが豆の悪い味も出やすく抽出が難しくなるのです、でも一応コーヒーを看板でと考えている自分は本来の味をわかってもらいたいですし良い部分だけを抽出するのがコーヒー屋の仕事なわけで誰でも同じ味になるなら豆だけ売ればいいじゃんて話です。


当然豆を購入していただいて店の味にはならないってお客様には抽出の仕方は教えさせていただきます。


細かいことを言うとまだまだあるのですがこのへんで。


若干風邪っぽいなか書いてるので文章おかしいかも



咳がとまらん

間接痛い

頭がぼーーーーーーーっと


もしかして酷くなりそうなら申し訳ございませんが夜閉めるかもしれません。

2 件のコメント:

  1. がっつり汗かきジャッコウ飲んで新撰組観たら

    すこし良くなりましたわ

    返信削除

・・・

Loading...